施工管理の転職に有利な資格や求人のリサーチ法についてチェック

施工管理の仕事

建築現場で、作業を無事に進行させていく上では欠かせない職業が、施工管理の仕事です。現場でより能力を発揮することを目的として、現在転職を検討している人もいるかと思います。そこで、転職に有利となる施工管理の資格にはどのようなものがあるのかをチェックしてみましょう。

施工管理に関する資格

  • 建築施工管理技士
  • 土木施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 造園工管理技士
  • 建築機械施工技士

施工管理の資格

施工管理の仕事でも、土木や電気、左官など資格によって携わる仕事の種類が異なります。施工管理技士の資格にも1級・2級とありますが、その中でも1級の資格を取得することで、監理技術者として働くことができます。転職をする場合には、自分の希望する待遇や勤務地をもとに、求人を探していくことがポイントです。施工管理の求人に特化した情報サイトなどを活用すると、効率よく情報を集めることができます。

転職活動をする時に意識したいこと

面接

転職目的や将来のビジョンを持つ

転職をするなら、その目的や理由、そして目標を明確に持ちましょう。そして、転職することによって得られるメリットや、実現したいことなど、条件を書き出していきます。そして、それが実現したその先のイメージまで広げてみましょう。

転職に向けた計画を立てる

現在所属している会社に迷惑をかけないためにも、転職計画をしっかり立てていくことは重要です。退職準備期間を設ける場合には、繁忙期などを避けて、面接なども余裕をもって挑めるようにしましょう。「この時期までには転職する」と決め、それより長引かせないようにすることで、気持ちの切り替えもしやすくなります。

自己分析をする

中途採用の転職では、どのように会社に貢献できるかをしっかりアピールしていくことが求められます。面接で好印象を与えるためにも、これまでの業務内容や成果、そして自分の強みを分析してみましょう。そうすることで、自分の適職についても再認識することができます。

情報をリサーチ

転職をするなら、求人などの情報リサーチの方法もポイントになってきます。転職エージェントを利用してサポートを受けたり、転職フェアに参加して実際に担当者などと会話をしていくと、より転職後のイメージも湧きやすくなります。

自分の能力を現場で発揮しよう!施工管理の求人応募して採用を目指す

履歴書

セミナーに参加する

今すぐではなく、もう少しスキルを磨いた上で転職をしたいと考えるなら、セミナーなどに参加して知識や技術を深めていくこともできます。ビジネスやIT関係の仕事や、最近では貿易に関する事務職や施工管理などのセミナーも増えてきています。経験やスキルを磨きながら転職を意識していくことで、より好条件の職場へと転職もしやすくなるでしょう。

[PR]
30代で転職を成功させよう♪
役立つ情報を豊富に公開中☆

広告募集中